イベント案内  2013年10 月13日 更新

このページでは、関連行事、イベントの情報をお届けするページです。


燦葉会建築部会 「第8回記念セミナー」と「記念パーティ」のご案内
拝啓、清涼の候となりました。当部会活動にご理解を頂き感謝申し上げます。
本大学「建築・環境学部」の誕生より、建築部会と建築設備工学部会の合併を委員会、幹事会で討議を重ね検討して参りましたが、ここに臨時総会を開催し、両部会の合併と新部会「建築・環境部会」設立の決議をするまでに至りました。
臨時総会後、記念講演会として本大学の地、金沢八景をテーマとする「第8回(記念)セミナー」を、引き続き「記念ミニパーティ」を開催いたしますので、是非ご参加賜りますようお願い申し上げます。敬具



開催日:2013年10月26日(土)
開催地:関東学院大学 室の木キャンパス


■関東学院大学燦葉会建築部会 第8回(記念)セミナー   (参加費 無料)
 会場.時間:室の木キャンパス5号館104号室    16:00-17:30
 テーマ:景勝地 金沢八景の誕生と消滅-シリーズ 地形と防災(その2)
 講師:関東学院大学名誉教授 松田磐余(いわれ)先生(司会:棈木紀男名誉教授)




■記念ミニパーティ
  会場.時間:室の木キャンパス エテルニテ4階食堂  17:40-19:00
  会費:2,000円(学生 無料)

尚、セミナー、パーティの開催時間の前に下記のとおり「臨時総会」を開催いたします。
建築部会会員の皆様のご参集をお願いいたします。

□関東学院大学・燦葉会建築部会2013年度臨時総会の開催
  会場:関東学院大学 室の木キャンパス5号館104号室
  開催日:10月26日(土)14:30-15:40(受付開始14:00)
  議事 1)関東学院大学燦葉会建築部会・建築設備工学部会合併承認の件
      2)2013年度9月期までの事業、決算報告、承認の件
      3)2013年10月より2014年3月31日までの事業、予算承認の件

以上
       事務局 ㈱像建築設計事務所 臼井洋司


2013年10月13日 掲載

公開シンポジウム「過去の震災を振り返り,防災を考える」
主催:ヨコハマ市民環境会議





平成23年3月11日の東日本大震災から2年が過ぎました。最近、首都直下型地震・
や東海・東南海・南海連動型大型地震の可能性から市民の防災意識も高揚しております。
昨年度は、「巨大地震のなぞ・災害シンポジウム」を開催し、内外から多くの出席者を得て、地震のメカニズムや液状化現象等について学びました。
本シンポジウムは、その続きとして過去に起きた巨大地震からの震災を振り返り、震災からどの様な防災を考えるかをテーマとしたシンポジウムを開催致します。
講師の方々は、地質学や地盤工学を専攻し、さらに最先端の研究を行っている科学者です。
過去の震災から教訓を学び、今後の防災のあり方について貴重なお話を伺います。
更に、広範な市民・学生が参加し有意義な意見交換と防災ネットワーク形成のきっかけとします。


  記

日時:11月9日(土)13:10~17:00
会場:関東学院大学KGU関内メディアセンター
   (横浜メディア・ビジネスセンター8階)
定員:100名(当日先着順)
参加費無料:資料代500円

第一部講演
「横浜、過去に見る震災から学ぶこと」

 講師:木戸ゆかり(独)海洋研究開発機構地球深部探査センター
第二部講演
「これからの市民防災―関東大震災と東日本大震災を踏まえて―」
 講師:若松加寿江 関東学院大学理工学部教授
第三部 パネルディスカッション 
「震災から学ぶことは何か?」

 パネリスト
  木戸ゆかり (独)海洋研究開発機構
  若松加寿江 関東学院大学理工学部教授
  小俣珠乃  (独)海洋研究開発機構
  安田八十五 関東学院大学経済学部教授
  宮澤廣幸  弁護士・みなと綜合法律事務所
  加藤和政  (独)海洋研究開発機構

 モデレーター
  岡田清   ハイテック建築研究所

ポスターはこちら

2013年10月6日 掲載
建築・環境を考える 第1回2013年10月19日
関東学院大学建築・環境学部創設記念 連続講演会(全4 回)

主催
 関東学院大学大沢記念建築設備工学研究所
 関東学院大学燦葉会建築学部会・建築設備工学部会




第1回
こんな建物が木造でできる!
~新しい都市空間を創る「木質構造」の可能性~

 「地震」や「火災」に弱いという既成概念を打ち破る、最先端の「木質構造」。
 その設計・技術開発の過程を、最新事例とともに二人の講演者にご紹介いただきます。


 講師: 小杉栄次郎(KUS 一級建築士事務所/秋田公立美術大学)
     五十嵐信哉(竹中工務店先進構造エンジニアリング本部)


 日時:2013 年10 月19 日(土) 16:00~19:00
 会場: 関東学院大学金沢八景キャンパスフォーサイトF-201
 
第2回
保存・再生による価値の創造
~東京駅丸の内駅舎保存・復元・再生のプロセス~

 歴史的建築物の「オーセンティシティ」とは?地震国日本で保存・再生に求められる免震技術
 とは?往時の姿を取り戻した丸の内駅舎の全貌を、再生の理念と共にご紹介いただきます。

 講師: 田原幸夫(ジェイアール東日本建築設計事務所 丸の内プロジェクト室長)
     蓮田常雄(東京建築研究所)


 2013 年11 月30 日(土)13:00~16:00
 会場: KGU 関内メディアセンター M-803
 
第3回
ゼロ・エネルギーの可能性

~ZEB(ネットゼロエネルギービル)を目指す環境技術~

 省エネルギー技術を結集し、運用時のエネルギー消費量ゼロを目指す「ZEB」。
 その実現に向けた環境技術について、国内外の事例を交えてご紹介いただきます。

 講師: 川瀬貴晴(建築設備技術者協会会長/千葉大学大学院)
     井上 隆(空気調和・衛生工学会副会長/東京理科大学)

 2014 年2 月8 日(土)13:00~16:00
 会場: KGU 関内メディアセンター M-803
 
最終回
「建築・環境学」を目指して
~新しい建築教育のゆくえ~

 環境共生・コミュニティ再生など、今、建築には「工学」の枠を超えた多くの課題があります。
 「建築・環境学」には何が期待されるのでしょうか?「 これからの建築教育」を考えます。


 基調講演: 茂木健一郎(脳科学者)

 鼎談: 長澤 泰(工学院大学副学長/建築学部長)
     湯澤正信(関東学院大学建築・環境学部長)


 2014 年3 月8 日(土)16:00~19:00
 会場: 建築会館ホール
 



事前申し込み不要・入場無料

問合せ:architec@kanto-gakuin.ac.jp
    http://arch-env.kanto-gakuin.ac.jp

ポスターはこちら


2013年10月6日 掲載


メキシコの風土とフェリックス・キャンデラ
神奈川県建築士会横須賀支部 主催 講習会

「メキシコの風土とフェリックス・キャンデラ」

講師 棈木紀男 関東学院大学名誉教授

先住民の文化とスペインの文化が融合しているようだが,かたくなに融合を拒んでいるようにもみえる。そんなメキシコの風土の中で,キャンデラの作品を見よう。


日時 2013年9月21日(土)13:30~16:00(受付開始13:00)
場所 ヴェルクよこすか 3階 第3研修室 
    横須賀市日の出町1-5

CPD 2単位(予定)
参加費 無料,定員 30名(先着順)

申し込み先
会員番号(会員の方)・氏名・連絡先をご記入下さい。
E-Mail:yokosuka@kanagawa-kentikusikai.com
FAX:045-201-0784



2013年8月7日 掲載


燦葉会建築部会主催 第8回ミニ建築セミナーのご案内
関東学院大学燦葉会建築部会主催

「景勝地金沢八景の誕生と消滅」 シリーズ地形と防災(その2)
講師:松田磐余(いわれ) 関東学院大学名誉教授

景勝地金沢八景は,氷河性界面変動の影響を受けて,約13万年間かけて形成され,第二次世界大戦後の開発で数十年で消滅した。金沢地区の地形発達史を紹介し,低地の地形と地盤形成の理解を深める

2013年10月26日(土)16:00―17:300
関東学院大学室の木キャンパス5号館104号室

交流会:17:40~19:00 エテルニティ4階食堂
自由参加,参加費2000円,学生無料





2013年8月7日 掲載


燦葉会建築部会主催 第7回ミニ建築セミナーのご案内
関東学院大学燦葉会建築部会主催

「江戸・東京地形学散歩 -災害史と防災の視点から-」
講師:松田磐余 関東学院大学名誉教授

関東学院大学関内メディアセンター8階
2013年6月18日(火)18:00―19:00



pdfファイルはこちら


2013年5月7日 掲載


建築構造物の耐震設計と持続的な展開に関する国際シンポジウム
関東学院大学 建築・環境学部主催
日時:2013年4月26日(金) 14:40-18:00
横浜・金沢八景キャンパス ベンネットホール

招待講演者:
 ・ アルベルト・パルドゥッチ教授、ペルージャ大学、イタリア
 ・ 棈木紀男 関東学院大学名誉教授

講演者・通訳
 ・ 黒田泰介 教授(関東学院大学)

パネラー(上記講演者に加え)
 ・ 渡部洋 准教授(関東学院大学)
 ・ 江波戸和正 助教(関東学院大学)

コーディネータ:
 ・ 高島英幸 教授(関東学院大学)

このシンポジウムでは、イタリアと日本に焦点をあて、特に建築構造物に関する
現代の耐震設計や耐震技術の紹介と協議を行うことを目的としています。設計思想
から、実際の免震装置に至るまで、様々な問題を取り上げ、講演とパネルディスカ
ッションを予定しています。そのために、2 つの基調講演を実施致します。イタリ
ア・ペルージャ大学教授で、European Concrete Award 2012 を受賞された、アル
ベルト・パルドゥッチ氏をお招きし、受賞作品を中心にお話戴き、また、本学名誉
教授であり、OB でもおられる棈木紀男名誉教授からも、耐震設計に関する教育の
あり方や震災を通して考えるべきことをご講演戴く予定です。


  

pdfファイルはこちら


2013年4月20日 掲載


燦葉会建築部会主催 第6回ミニ建築セミナーのご案内
関東学院大学燦葉会建築部会主催

「東京スカイツリー周辺のまちづくり」
講師:鈴木繁康氏
(1971年卒)

関東学院大学関内メディアセンター8階
2013年4月18日(木)18:00―19:00



pdfファイルはこちら


2013年2月20日 掲載


  

 サイトTopへ   ページTopへ   2012年のイベント

Copy right sankenkai.com