OB会のひろば 2015  2015年5月11日 更新
 イベント開催報告、OB諸氏の活躍を紹介いたします。

『震災から安全・安心な社会づくりに向けて』開催報告
1.日 時:2015年4月18日(土) 13:10〜17:00
2.場 所:関東学院大学KGU関内メディアセンター 
3.参加者:96名 (県内外)

 ヨコハマ市民環境は、過去2回のシンポジウム(「巨大地震のなぞ・災害シンポジウム」:(地震のメカニズムを知ってもらう)、「過去の震災を振り返り、防災を考える」:(横浜で実際に起きた震災の影響と今後の震災の想定)等についてシンポジウムを開催いたしました。 
 今回は、「震災から安全・安心な社会づくりに向けて」と題し、サブタイトルを「液状化の災害と都市気候変化」をテーマに都市部の液状化被害と新しい都市環境に向けた都市気象シミュレーションから安心な社会をテーマとした講演を実施しました。更に、新しい試みとして関連する研究を行っている県内の大学生の研究内容について発表を行っていただきました。








シンポジウム開催報告書ファイルpdf

シンポジウムアンケート


カナロコ(神奈川新聞社)
http://www.kanaloco.jp/article/89089
「都市災害に備えて 液状化や気象予測紹介 横浜で専門家らシンポ」 神奈川新聞にはシンポジウム告知記事(4月14日)、当日の紹介記事(4月19日)を 掲載していただきました。

2015年5月11日 掲載


ESPERANZA 震災関連報告

d木紀男名誉教授より東日本大震災に関する貴重なレポート頂きました。

ここに公開のお許しを頂きましたので掲載いたします。



ESPERANZA 震災関連報告・論集の復刊第三号(通算12号)
2015年1月31日発行

 まえがき
  福島県双葉郡の2014年10月
  女川・石巻の2014年11月
  2014年度 関東学院大学のボランティアの動き
 あとがき




ESPERANZA 震災関連報告・論集の復刊第二号(通算11号)
2014年3月31日発行

 まえがき
  同級生M君の被爆体験
  「星野富弘詩画展in南三陸」ボランティア参加報告
  2人の小さな友達
  ボランティア活動と地域のつながり
  レストラン「慶明丸」の話
  「二人の老夫婦」
  「錦織バプテスト協会を訪れる」
  震災3年目 -ある幼稚園の教諭の回想談-
  震災3年目 -志津川の保育所での体験談-
 編集後記にかえて





ESPERANZA 震災関連報告・論集の復刊第一号(通算10号)
2013年9月1日発行

 
はじめに  
  はるばると 宮城県気仙沼市 
  2年4ヶ月目のテレビから 
  被災直後と現在  長浜幼稚園の3.11-避難路をたどる- 
  Nagahama Kindergarten in 3.11-taking a trip down the enacuation route-
  関東学院大学室の木校地での学生礼拝で 
  防災セミナー参加の記録 
  2013年度のボランティア  
 編集後記 




●バックナンバーはこちら


2015年2月5日 更新
2014年3月30日 掲載



サイトTopへ   ページTopへ  OB会の広場2014へ

 

Copy right sankenkai.com